みんなで楽しく、野球やろう!

様々な部分で成長可能な野球の部活

野球の部活は、様々な部分で成長することが可能です。
例えば、日々の練習を通じて体力を向上させることができます。
野球を上手くなるためには、練習をすることが一番の近道です。
練習としては、足腰を鍛えるためのランニング、プレイの質を向上させるための筋力トレーニングなどがあります。
これらの練習は、繰り返し行うことで体力を身に付けることができます。
また、体力が向上すれば勝てるわけではなく、連携してプレイすることも必要です。
連携が上手になることは、仲間を信頼すること、仲間と共に練習することなど、仲間との関係が重要です。
仲間との関係は部活だけに限らず、社会人になった時も同様です。
会社で働く場合は、同僚や上司、部下と連携することで仕事をスムーズに進行できるようになります。
そこで、野球の部活を経験していれば、連携の方法や大切さを理解しているので、採用においてはコミュニケーション能力をアピールできますし、仕事上でも周囲と上手に連携可能です。

部活は、やっぱ野球部!初めて知る上下関係の厳しさ。

中学校に入学すると、小学生の時まで無かったお楽しみの「部活動」を始める事ができます。
体験入部をしながら決めるのだとは思いますが、「野球部」や「サッカー部」に関しては、まず初心者として入部することは無いと思われます。
スポーツには、ある程度技術を身に着ける為の「身体作り」「知識」、試合をする為の「スキル」が必要です。
ですので「野球部」に関しては経験者が集まってくるように考えられます。
野球部の練習は【柔軟体操】から始まり【長距離ランニング】→【1対1のキャッチボール】→【監督又はコーチによるノック練習】という流れが一般的です。
その他にも試合が近ければ、【部活内でAチーム×Bチーム】という風に分担し「練習試合」を行ったりもします。
「学生時代体育会系部活」の定番と言える【上下関係】は強豪校ほど強い傾向が見られます。
ある意味の「学年差別」で1年生は「ランニングと玉拾い」のみということもあります。
2年になってようやく「バットを振れるように」なんてことも。
面倒臭くて練習に出ないでサボってばかりいると遅れをとっていき「幽霊部員」になってしまいます。
大事なのはコツコツと練習に参加することかもしれませんね。

Favorite

Last update:2017/4/10